発達障害

当科の研修システム(希望者は、ytsuyusaki@kcmc.jp までご連絡ください。)

1)症例検討会
毎週木曜日に、MRIカンファレンス(17:00~放射線科読影室)、月曜日に症例検討会(17:30~医局応接室)、脳波判読(16:30~脳波室)を行っており、参加することが可能です。現在神奈川県内の6名の医師が参加しています。
2)後期研修医(ローテートおよび3年次希望選択)
後期研修医(10週間ローテート)の行動目標を参考にしてください。3年次希望選択される方は、専門研修医に準じます。現在2名が3年次希望選択として参加中です。
3)専門研修医(小児神経科専門医所得のためのプログラム)
ホームページの行動目標を参考にしてください。豊富な症例(英文による症例報告を行う)、包括的な医療の実践(在宅人工呼吸器療法の導入、ボトックス治療の実際、胃瘻や喉頭気管分離などのタイミングなどを学ぶ)、ベットサイドからベンチへの連携(研究室で遺伝子、蛋白レベル解析ないし筋病理のいずれかをまなぶ)、種々の共同研究(横浜市大、理化学研究所、国立精神神経センターなど。臨床の問題点を基礎医学につなぐ方法を学ぶ)等が特徴で将来にわたる専門医療・臨床研究の基礎を身につけることを目的としています。現在3名が専門研修医として研修中です。また連携大学院制度を利用して、学位の所得も可能です。
3年目研修医 専門研修医